06.24
Sat


<2mx87>
定規とコンパスを使って次の図形を正確に書いてみましょう。
【正三角形】          【二等辺三角形】

y2mx87170618

「正三角形」という言葉を知らなかったので、「3つの辺が全部同じ長さの三角形」だと説明してから取り組みました。
はじめは、定規で長さを測りながら、感覚で角度をとって三角形を描いていました。
「正確に」は描けずにずれてしまうのですが、長さは定規で測るもの、コンパスは円を描くものという先入観があるのか、その後もコンパスの使いどころがよく分からない感じでした。
「コンパスを使って」描かないといけないという意識はあったようで、何とかコンパスを使わなければと定規で直線を引くときにコンパスの鉛筆を使っていました。
時間切れで終わりましたが、次女はわからん帳には入れずに次も続きをすると言っていました。

3年生になってから、学校で「中心」「半径」「直径」などの用語と、コンパスを使って円を描くところまでは教わっています。
これを習う前にやっていたら、また違った感じだったかもしれないなとも思いました。






comment 0
06.24
Sat


<5mx08>
デンデン小学校では秋の歓迎遠足で1km200m離れた公園へ行く予定です。朝の5時に学校を出たところ、8時にでんでん虫のろ太君がジュースを飲みながら「まだ、3分の1しか歩いてないのか」と言いました。最後まで同じ速さで歩くとすると、公園につくのは何時何分になるでしょう。

n5mx08170618

これまでにやった類題の<3mx84><4mx13>では、時間と距離をバラバラに絵にしていたのですが、今回は同じ絵図の中に時間と距離を一緒に書き込むことが出来ました。






comment 0
06.19
Mon


<3mx10>
恐竜の卵チョコレートが100円で売ってあります。ガメラ君はこのチョコを3個買いたいのですが、120円しか持っていません。ガメラ君のお小遣いが、1日で30円だとすると、後何日我慢すればかえるでしょう。

y3mx10170611

最後の文章を聞いて、右のページを描いていきました。
120円を描いて線で囲んでから、30円を描いては赤色で囲むのを4回繰り返し、1から4まで囲みに数字を振りました。
次に、120+120=240の筆算をしてから、30円の囲みをあと二つ追加し、5、6と囲みに数字を振りました。
それから、240+60=300の筆算をしました。
もともとあった120円と30円の囲みが6個で丁度300円になったので、あと6日我慢すればいいと分かりました。






comment 0
06.19
Mon


<5mx14>
今日は向日葵の種のケーキを作ります。キッチンには40個の向日葵の種しかありません。ケーキを作るには280個の種が必要です。そこで、庭から足りない分を採って来ます。兄1人と妹2人が採ってくれます。この時に兄が妹2人分の3倍の種を持ってくれば、一度で持って来れます。では妹1人が持ってくる種は何個になるでしょう。妹2人は同じ数だけ運ぶものとします。



キッチンにあった向日葵の種40個について忘れてしまったわけではなく、ケーキを作るのに必要な個数があと280個というふうに読んでしまったようです。
全体の文章を1回読んだらそのまま絵を描いていくということを確認してから始めたので、忘れないように要点だけ描いた感じで割と早く終わり、次女が終わるまで空いたページにお絵かきしていました。
向日葵の種がどういうふうに生るのか知らないわけではないのですが、「新種の向日葵にした~。」と言って木の実のような向日葵の種を描きました。






comment 0
06.15
Thu


<3mx02>
デンデン君は、毎朝公園の周りのお散歩ロードを1周します。お散歩ロードは1周200mです。デンデン君は15分で5m進むことができます。では、デンデン君が朝のお散歩以外に使える時間は1日に何時間何分あるでしょう。

y3mx02170608

順番に絵にしたあと、2ページ目の下の部分を描きました。
200mになるまでには5mを表す○印が40個必要なことが分かったので、3ページ目の上の方にもう一度○印を40個描いて、ここでは時間の方を考えていきました。
一番上の段の、左端の○印に「15分」と書き入れ、その後は15ずつ足した数をどんどん書いていきました。
○印が10個(1段)で150になったので、今度は1段ごとに150ずつ足していき、15分が40個で600分になることが分かりました。
600分=10時間ということで、時計の絵を使って10時のところから時針を動かしていき答えを出しました。

考えを継時的に描いていった絵で、時間と距離との関係が分かりやすい絵とは違いますが、順を追って丁寧に考えていくのが大切な時期だと思うので、次女は今はこういう感じでいいのかなと思います。






comment 0
06.15
Thu


<5mx00>
ムーリー君は1時間で20cm進み、ローリー君は2時間で50cm進みます。ムーリー君は5m離れたお店へ、ローリー君は6m離れたお店へそれぞれお使いに行きます。では、どちらがどれくらい早く帰ってくるでしょうか。

n5mx00170608

2人の所要時間がそれぞれ50時間と48時間になることを筆算で出したあとに、まず、左のページの下の方にムーリー君の分として「20cm」と書き入れた四角を50個描きました。
次に、右のページの上の方にローリー君の分として「50cm」と書き入れた四角を48個(本当は24個)描きました。
それから式を書き始め、たぶん出てきた片道の所要時間を絵図に書き込もうとした時に、何か変だと気づいたのではないかと思います。
50を表す○印を600になるまで数え足すことで、四角の数が間違っていたと分かったようです。
同じ四角を使っているのに基準を統一しないで描いたせいで、こういうことになったのだろうと思います。






comment 0
06.14
Wed


<1mx18>
ウンコが 18こ やまに なっています。 そこへフンコロガシが3びき やってきて、 3こずつ ウンコを もっていきます。 ウンコを みんな もって いくには なんかいずつ かよわなければ いけないでしょう。 

n1mx18170605

絵を工夫して描き直したり、二通りの式を思いついたり、楽しんでやっていたようです。
今の長女にとっては、絵を描かなくても答えが出せる問題かと思いますが、答えを出すためだけにやっているのではないことを、よく理解してくれているような気がします。
最後に答えを書くときに、「2回」と書くか、「2回ずつ」と書くかずいぶん迷っていました。
こういう細かいところに気を回せるということが、私としては何よりうれしいことでした。
日常がせわしないと、どんぐり問題にもじっくり取り組めないのと同じで、難しい問題に頭が忙しくなっている状態では、細かいところにまで気が回らないということかなと思います。

「分かっていても絵図にする」のが大切だということは知っているつもりでいましたが、私はやはり難しい問題にあれこれ悩む方がいいことだろうと漠然と考えていて、明らかに分かっている問題に取り組むことについてはいまいち納得していなかったのだろうと思います。
子どもがどんぐり問題についてよく理解しているという前提があれば、答えが分かっている問題をやることも無駄ではなく、そういう意味でも答えはおまけだと、このところの長女との取り組みを通して教えてもらっている感じです。
長女が一人で取り組むのは、余裕を見てできるときだけでいいかなとも思っていますが、自由に問題を選べるこのエキストラな取り組みを、長女はとても楽しみにしているようです。
これまでの問題の選び方について、私には反省すべきところがあるなと思いました。

すっきり分かっているという感覚が得られることも、長女には心地よいのではないかと思います。
自分の頭の中がクリアな状態がどんな感じか知っておくことは、考えている自分に対するメタな認識を持つためにも大切なことのような気がします。






comment 0
06.11
Sun


<3mx68>
今ある飴を8人で同じ数ずつ分けると、1人分が丁度6個になります。この飴に何個か加えて10人で7個ずつ分けようと思います。あと何個飴があればいいでしょうか。

y3mx68170603

左のページの下の方に、2番目の文章の「10人で7個ずつ」を絵にした時、スペースの関係で飴を人の絵の上下に分けて描きました。
このあと、飴の数の合計を出すために、人の絵の上に描いた飴と下に描いた飴を別々に通しで数えてから、それを筆算で足したのですが、ここで十の位の足し算を間違えて、本当は飴は70個のところが60個ということになりました。
次女は、7が10個で幾つかと聞けば、70だということは分かるような気がしますが、絵を描いてやっている時は何か違ったモードでやっているのかもしれません。






comment 0
06.11
Sun


<4mx35>
ニョロは運動会で使うハチマキのお金を全員から集めました。ハチマキは1本1234円で生徒は947人です。ところが、ニョロのところに集まったお金は1162916円です。どうも誰かが金額を間違えた様ですが、誰が間違えたのか分かりません。そこで、不足分を全員で出し合う事になったのですが、一人何円出せばいいでしょう。

n4mx35170603

最初の筆算を間違えていたので、最後の割り算が割り切れませんでした。
類題の<4mx20>をやった時と同じ流れだったので、しばらくして、また計算間違いかもしれないと気づいたようです。






comment 0
06.10
Sat


<2mx61>
ダンゴム市の人口は、みんなで72000人です。今、男の列2列と女の列2列に並んでもらっています。数えてみると、女が男よりも2000人多いことが分かりました。では、女の1列には何人が並んでいるでしょう。ただし、男の2列は同じ人数、女の2列も各々同じ人数と考えて下さい。

n2mx61170530

文章に出てくる順番通りに考えていったのだなというのがよく分かる絵でした。
全文を一気に読んで絵にするのではなく、これまでやってきたように一文ずつ読んでは絵にした感じかなと思います。
絵を頭の中にキープできる時間や量が少なかったり、頭の中だけで絵を操作することが苦手だと、こういうメモ的な感じになるのかもしれません。






comment 0
back-to-top